歯を失ってしまった場合に、選択できる治療方法のひとつです。

・自分の歯のように食べ物を噛みたい
・ブリッジ(健康な歯を削って修復物を取り付ける方法)はしたくない
・入れ歯をいれたくない

このようなご希望をかなえるとともに、インプラントはお口の機能の維持につながります。
咀嚼機能の低下には、さまざまな病気の引き金となり、
体に不調をきたし、健康の根源を揺るがす恐れがあります。
正しい咀嚼機能の回復は、内臓機能の負担の改善が期待できます。
インプラント治療に期待がよせられる大きなひとつの要因です。
自分の歯に限りなく近い状態で、義歯を埋め組む治療がインプラント治療です。
正常な咀嚼機能の回復に有効な治療方法のひとつがインプラントです。

インプラント治療はオペ(手術)が必要な治療ですが、当院では身体的負担を軽減させるために
CTのデータを基に埋入のガイドシステムを導入しています。術後の治癒促進につながるように、
患者さん自身の血液を採取して作るCGF(多血小板フィブリン)を応用し、
術後の腫れや予後不良解決にも取り組んでいます。
また、患者さんのご要望を第一に当院では治療計画を考え、患者さんが納得いくプランをもって治療にあたっています。
[table id=26 /]


インプラントとは

インプラント(人工歯根)の治療は、歯を失った部分の顎骨をていねいに削り、
支柱となるインプラントを埋め、その上に人工歯を固定する治療方法です。
インプラントは、顎骨と結合する素材でつくられているため、
天然歯とほぼ同じ機能と感覚が回復できます。
インプラントとは、天然歯と変わらない機能をもった歯と言えます。

歯は歯冠(しかん)と歯根(しこん)で構成されます。
歯根がなくなる、旧来の治療法を適用すると、抜けた歯の周りの骨は徐々にやせ細り、
残った健康な歯が移動するなどの問題がありました。
インプラントは、このような問題も解決してくれます。
[table id=28 /]

1.あごの骨
天然の歯は強靭な繊維組織で骨と歯根が結合されています。
インプラントも同じように繊維組織によって結合がなされます。
2.インプラント
歯根の代わりをする土台です。
3.アバットメント
あごに埋まったインプラントに人工歯冠を固定するための土台です。
4.歯肉
歯肉がインプラントを包みこむため、外見上、金属など見えず自然です。
5.人工歯冠
患者さん一人一人適した、人工歯冠を作ります。
[table id=30 /]


ブリッジ・部分入れ歯・総入れ歯~旧来とられてきた治療方法

[table id=29 /]


インプラント治療を選択した場合

[table id=31 /] [table id=32 /]

すべての悩みが、歯を失ったことによるリスクではありませんが、
「歯の健康が損なわれた」ときに、表面化する問題も含まれています。
歯(口腔)は生きるための“入り口”です。
必要だから生えてきた歯。
それが失われたら、残念ながら完全に機能しなくなります。
失った歯をどのように取り戻すか、歯科医院でしっかりご相談ください。
[table id=33 /]

歯に修復不能なダメージを負った場合は、残念ながら歯を抜くことになります。 前歯は見た目が気になり、治療を行なうことが多いのですが、奥歯が抜けた場合、そのまま放置しているケースが見受けられます。 目立たないからという理由で放置していると、将来的なトラブルに繋がる恐れがあります。歯は繊維で、歯茎に定着しています。 その特徴を利用して、矯正歯科などで、歯並びを整えています。 歯がなくなると、意図しない方向に歯を形成している繊維が動きます。矯正歯科では弱い力を加えて歯を動かしますが、歯が失った場合は、 抵抗がなくなった両隣、また上下の歯に影響が発生し、歯が倒れてきたり、伸びてきたりする恐れがあります。


健康だったはずの歯が痛みだす

たった1本の歯ですが、無くなるとその分、他の歯に余分な力がかかります。
これが原因で、今まで健康だった歯が傷みやすくなります。

無くなった歯を埋めようと、他の歯が伸びてしまう

かみ合わせる相手がいなくなった歯が、抜いた歯のスペースを埋めようと伸びてくることがあります。

骨も一緒に伸びる

歯だけではなく、歯の周りの骨も一緒に伸びてくることがあります。 この場合、歯肉がコブのように膨れます。

両隣の歯が無くなった歯を埋めようとする

噛み合わせの相手ばかりか、両隣の健康な歯まで、歯の無くなった場所に傾いてしまいます。酷い場合はブリッジを作れないケースに陥ります。


メインテナンスで、末永くお使い頂けるインプラント

インプラントは、歯の根の代わりとなる支柱を顎の骨に埋め込みます。
骨の密度や神経の通り方によって、埋入方法は異なります。 その人に合わせて、
支柱の選択も変わることがあります。口腔内全体の状況はもちろん、
患者さんの健康状態を十分に考慮して、 綿密な検査、診断を経て、治療計画を建て、
患者さんの合意の元、オペに取り組みます。
インプラントは安全に手術が終わってからも、メインテナンスを定期的に行うことで、
長期に渡って、歯が蘇った喜びを味わって頂くことができる治療法です。


「安全・安心なインプラント」にこだわり続けています

昨今、話題となっているように、インプラント治療における医療事故、
予後不良(手術後の経過が良くない)、脱落というトラブルが少なくないのが現状のようです。

患者さんに多大な期待を与える前に、起こりうるインプラント治療のマイナス面を
十分に理解して頂いた上で、治療や手術を希望するかどうか判断してもらうことを
当院では非常に大切だと考えています。

私たち歯科医師に求められているのは、インプラントをあたかも魔法のように喧伝することではありません。
常に自らが新しい知識・技術を修得することが必要であり、ベストの状態で治療・手術に取り組める
環境を整備し、術後のメンテナンスのシステム作りを心がける必要があります。
インプラント治療に欠かせない歯科用CTを早期に(道内3番目)設置した理由もここにあるのです。

当院では、患者さんにとって安全であり、身体的負担を極力減少させるよう、
CTのデータを基に、インプラント埋入のガイドシステムを導入しています。
さらに、術後の治療促進につながるよう、患者さん自身の血液を採取して作る
CFG(多血小板フィブリン)を応用することにより、術後の腫れや予後不良の解決の
一助となっています。


インプラント治療が不具合と感じるとき

当院では、「他院でのインプラント治療の不具合」を感じた患者さんが相談に訪れ、
場合によっては修復(リカバリーする)治療も担うことがあります。
その要因を分析するとあらゆることが判明します。

例えば、インプラント治療後のメインテナンスを怠った結果、
インプラント歯周炎を起してインプラントが離脱したことが伺えるケースも見られます。
様々なケースがありますが、
不具合を感じてお悩みの方は、当院のインプラントの専門医にご相談ください。
[table id=35 /]


インプラント治療の不具合事例

・インプラントがぐらつく
・インプラントが抜けてしまった
・インプラントの上部構造(歯冠部分)がぐらつく
・インプラントの上部構造(歯冠部分)が外れる
・長期間痛みがあったり、腫れやしびれがとれない
・上部構造(歯冠部分)、インプラント(支柱)の損傷


インプラント治療のリカバリー

当院では、インプラント専門医があらゆる角度からインプラントの修復治療をします。

・インプラントの埋入位置、埋入角度、深さ、埋入したインプラントの適正
・インプラントと骨の結合状態。上顎洞への貫通有無。
・アバットメントやスクリューの締め付け状態
・細菌感染の有無
・インプラントが他の歯を干渉していないか(天然歯の歯根接触など)
・インプラント埋入による神経損傷
・不正な咬み合わせによる、インプラントの不具合
・インプラントのメインテナンス状況の把握と改善
・インプラントにリスクとなる生活習慣病などへの指導

など

[table id=37 /]


インプラント専門医

当院では経験豊富なインプラント専門医が診療にあたります。
未然にトラブルを防ぐためにも、経験と実績のあるインプラント専門医から
アドバイスを受け、インプラント治療に臨むことをお勧めいたします。
また、当院では一般の歯科医院さんでは担えないインプラントの症例の患者さんの
対応や相談にも応じています。
[table id=36 /]


今まで当院が使用して来たインプラント

現在主流のインプラントはノーベルバイオケア社全般、ストローマンの2社製のものを使用しています。


インプラント治療から13年~その後の経過

今年83歳になられる国井さん。当院でインプラントされたのは13年前のこと。
以来半年に一回の検診は必ず受けられ、数年前までは会社を経営なされていましたが
今は引退され登山やアウトドアに勤しんでおられ、健康志向が高く、
常に前向きなお人柄です。
13年前、御自分の歯を失ったところにインプラントをしてくれる
歯科医院を探していたところ、
当院がインプラント治療を行っていることを知り来院されました。
以来定期健診でも全く問題なく、ご本人もインプラントをしていることを忘れるくらいに
違和感がなく何でも食べれる、とおっしゃっています。
3年程前には8020運動の一環の80歳以上で
健康なお口を表彰するイベントでも表彰を受けられました。
今から15年前インプラントという画期的な治療法を知りました。
どうにか多くの人に施術し、歯を失った患者さんの役に立ちたいと思ってまいりました。
しかし当初は歯をささえる骨が失われた患者さんにできなかったり、
費用が高額すぎてあきらめるケースが多かったと思います。
しかし最近ここ数年で骨が少ない症例などには画期的な方法、
材料も出てきたこと。
保険適用への道はまだ遠いにしろ価格は一定に低くなってきているのではと感じています。
まだ残っている歯が多いほうがインプラントの予後も良いという学会報告もあります。
国井さんがもし13年前にインプラント治療をなされていなかったら
他の歯は残せたかは難しいですね。
一本でも歯を失われたらインプラント治療をお勧めします。
[table id=27 /]